UNV
ニュース
戻る
Univiewが新デュアルPTZカメラを発売
2022.02.11

従来の固定IPカメラは通常、1つの固定領域でのみ監視しますが、PTZカメラは回転構造により、複数の方向を監視することができます。しかし一方で、従来のPTZカメラは、一度に1方向しか監視できないという制約がありました。レンズが別の方向に回転すると、元の方向の監視領域の画像は取得できません。Univiewはこの度、固定IPカメラとPTZの長所を組み合わせた新しいスタイルのPTZカメラであるデュアルレンズPTZカメラを発表しました。

まず、今回発売されたデュアルレンズPTZカメラの外観は、レンズが追加されており、従来のPTZカメラの常識を覆す美しいデザインです。上部のレンズは2.8mm固定レンズで全体像を捉え、下部のレンズは345°回転可能な4倍ズームのディテールレンズで細部を捉える役割を担っています。

固定レンズが監視領域を拡大し、ディテールレンズが画像をより細部にわたって捉えます。例えば、ターゲットを発見した場合、ディテールレンズが自動的に追跡してズームアップし、細部を確認できるようにします。同時に、固定レンズで休憩場所も監視でき、情報を徹底します。

今回は、デュアルレンズ設計に加え、マイクとライトのアップグレードも行っています。

双方向マイク設計、ステレオサラウンドサウンド

固定レンズの両側に2つのマイクを配置することで異なる方向から来る音を収録し、オーディオのサラウンド効果が達成されます。基本的に、ビデオを見返す際の音質が向上されます。

デュアルライトデザイン、音と光のアラーム、事件発生時にアラーム

赤外線に加え、夜間でも鮮明な画像が提供できるよう、ウォームライトが追加されています。同時に、ウォームライトはスマート侵入防止とも連動します。エリア内へのターゲットの侵入を検知すると、ウォームライトが点滅し、不審な行動に対し警告を発します。

UNVの新デュアルレンズPTZカメラは、固定レンズ構成だけでなく、その他のハードウェア構成も包括的にアップグレードされています。優れた音声・映像効果、包括的なインテリジェント機能により、路地、銀行などにも応用できるようになりました。

今すぐお問い合わせ