UNV
成功事例
戻る
Solar Power Station, Belarus
2018.02.01

ブラギンの太陽光発電所は2016年8月に建設され、現在ベラルーシで最大の規模を誇る太陽光発電施設です。その電力容量は18.48メガワットで、面積はサッカー場60ヶ所に相当します。このプロジェクトはチェルノブイリからそれほど遠くないところで実施され、原子力被災の影響を受けた地域における代替開発の一例として機能しています。

ブラギンの太陽光発電所は、「再生可能エネルギーに基づくテクノロジーとプロジェクト」にノミネートされ、全国コンテスト「エネルギー効率のリーダー - 2016」で第1位の座を獲得しました。Univiewは、太陽光発電所にビデオ監視ソリューションを提供しました。

ソリューションのハイライト:

1.  帯電防止: 変電所では頻繁に静電気が発生し、機器の動作に影響を及ぼすことがあります。UNV IPカメラはすべてCE認証を受け、ESD(静電放電)に対するテストが実施されています。当社のカメラはすべて、業界最高レベルである4KVの接触放電と8KVの空気放電に耐性を有しています。

2.  このプロジェクトでは、最高レベルのデータセキュリティを確保するため、32/64チャネルhの強力なデコード機能と冗長設計とRAIDを実装したNVR 516が採用されました。

3.  周辺保護: UNV IPカメラは主にフェンスに沿って設置されます。このように広い敷地内に不審者が侵入したかどうかを警備員が発見するのは困難です。侵入検知に使用されるUNV IPカメラは数秒以内にアラームを発信するため、警備員は迅速に対処することができます。