UNV
成功事例
戻る
Nairobi-Maroba Railway, Kenya
2016.11.29

東アフリカ高原で、ナイロビ - マロバ鉄道の建設が進められています。この鉄道は東アフリカで最も長い運行距離を誇ります。このプロジェクトで、Univiewは仮設宿舎のビデオ監視ソリューションを提供しました。

背景情報:

ナイロビ - マロバ鉄道はケニアの首都ナイロビを起点に、ウガンダの街、マロバまでの全体区間約500Kmを結ぶ路線で運行します。

スタッフの仮設宿舎はケニアにあります。この宿舎は鉄道の建設の着工と同時に建設されたもので、800日間の全建設期間、並存することになります。

ソリューション:

Univiewは、さまざまな監視のニーズに対応できるさまざまな種類のカメラと、宿舎を保護するための2シリーズのNVRを提供しました。この宿舎には100台以上のカメラが設置されています。

オフィスビルの廊下には、夜間赤外線距離30mのミニバレットカメラが設置され、宿舎はバレットカメラで保護されています。食堂と収納ルームはIK10バンダルプルーフドームカメラとタレットカメラが設置されています。壁に沿って、20x/30x PTZドームカメラと週7日24時間体制のビデオ監視を提供するバレットカメラが設置されています。

すべてのカメラは、リモートコントロールとリアルタイムモニタリングを可能にするUniview NVRに接続されています。

ハイライト:

長距離 PoE:

宿舎全体には、合計100台以上のカメラが設置されています。UniviewのカメラとNVRは、製品を便利に設置する上で役立つ長距離PoE機能を備えています。

IK10耐衝撃性:

スタッフの安全を確保するために、スタッフの宿舎で使用されるドーム型カメラは耐衝撃性を備えています。

IP66 &サージ保護:

ケニアでは、3月または4月から5月または6月までの間に「大雨」季が発生し、10月から11月または12月の間に「小雨」季が発生します。雨に濡れないように、ここに設置されるUniviewのカメラはすべてIP66防水機能を持っています。現場に設置されたカメラも落雷によるサージに耐性があります。

まとめ:

ケニアはインフラ建設が急速に進んでいます。ナイロビ - マロバ鉄道によって、輸送が容易になり、経済発展を加速させるためにも大きな意義があります。Univiewは、高品質で信頼性の高い製品を提供することで、鉄道の建築を保護します。

今すぐお問い合わせ